スポンサーサイト

--年--月--日 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月はエンエンです。

2014年06月02日 雑誌掲載・新刊予定
エンエン蜜蜂編・第7回

放っとき気味で申し訳ありませんでした。本仁です。

エンエン第7回、6月13日ごろ発売のcomic Beに掲載されます。よろしくお願いします。
スケジュールを更新して煽りを書いておきましたので、お暇な方はそちらをご覧ください。

今までのエンエンはこちらで読めちゃいます。
http://comic.pixiv.net/works/630


話は変わりますが、実は愛用している仕事机からトレス台をどかすのが何となくイヤで、そのままだとスペースがないので、代わりにPCやタブレットをくつろぎ部屋の家具調コタツの上に運んで、「コタツトップ」状態で仕事をしていました。
ご飯を食べるには丁度いいですが、絵を描くには机の位置が高すぎて、とってもやりにくかったです。

今日、発作的に仕事机のトレス台を仕舞いました。
これで久しぶりに仕事机で作業ができます。

ついでにインクやペン軸や、すごい量のいろんなペンだのマジックなんかも片付けようかと思ったんですが、どうしても気が引けてできません。
他にも机周りや引き出しの中がアナログ道具で一杯で、部屋の景観も悪くなるし、邪魔で仕方ないんですが、どうしても捨てられないし、押入れの奥に仕舞うことすらできません。

巨大な楕円テンプレートセットとか。
半径50センチくらいの円を描けるコンパスとか。
ムダにデカい各種の定規とか、トーンを圧着するための専用のヘラとか、黒ずんで固くなった練りケシとか、煙草で焦がした先の揃ってないハネボウキとか。

いつか使う日が来るかもしれない。
これがなくて困る時が、あるかもしれないではないか。

などと考え出すと、これは最早ムダに保存している紙袋、あるいは捨てられないお菓子の缶のようなもの。

…何だか切ない気持ちになったので、発作的に片付けられるような日が来るまで、このまま放っとくことにします。

まあとにかく仕事机にPCスペースは取ったので、もう少しマシな絵が描けるといいのですが、実はまだPCを机に移していません。
今もまだ家具調コタツの上でこの文章を打っているという状態で、いやなんというか、コタツトップで作業をすると、膝の上にいい塩梅でウシャ(うさぎの小型抱き枕)を乗っけてられてイイ。
あぐらもかけるし。
すぐ寝っ転がれるし。
テレビも真横にあるし。

だだ絵が描きにくいだけで。
スポンサーサイト

カテゴリ

◆◆◆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。